2016年08月20日

防災には欠かせない「お水」の問題

防災や災害後の過ごし方について
大事なのはお水の問題です。


人間やペットなどは食料がなくても一週間生き延びれますが、お水が無いと3日間しか生存できないのです
それほどお水は生命にとって大事なのです。


私の周りでも防災としてお水問題を考えてる人達が多くいます。そして実践しやすい事。かつ日常生活にプラスになる取り組みとして実践しているのがこちらです。


2リットル 98円で楽しめるウォーターサーバー 『富士おいしい水』







ウォーターサーバーです。


病院やクリニックでは当たり前の物なのですが

実は防災としても非常に役に立ちます。

お水をまとめ買いして、クローゼットにしまって置くのももちろん良いですが、ウォーターサーバーの場合、1タンク12リットルと物量も多く、数個在庫しているだけで、もう何リットルもの物量になる事が良い点です。

さらに保存水と違って日常生活に置いて、常に使用できる点です。保存だけでなく現在進行形で使用できるのでお得感が凄いのです

お手軽なのもあり、私の周りなどは防災として多く使用しています。


あなたが強烈な地震に襲われた時、自宅が崩壊してしまったら
それはもう別の問題なのですが、比較的新しい家や倒壊しないマンションとかの場合。
その後、非常に重要なのが食事です。


確かに被災地には、食料や水が届く手筈になっていますが

首都圏など、大地震に襲われた時、道路も建物もグチャグチャになっている中、はたして水道車が 簡単に避難所に行けるのでしょうか、、、、避難所で飲料水を配布していたとしても
はたして、水に殺到する人々の中、あなたは適量の飲料水を手にする事が出来るのでしょうか。。。


そんな保証はないし、手にする事が出来なかった場合。死活問題になります。 なので自宅で保存食、飲料水などを備蓄する事をオススメしているのです。

あなた一人なら まだしも


赤ちゃんや、ペットなどがいるなら、それこそ水なとは絶対的に必要です。 その危険を回避する為の防災としてウォーターサーバーはとてもオススメできるのです。 東日本大震災の時、東北でもウォーターサーバーによって飲料水を確保出来た事実にはとても注目しています。


ネット上からのマイページ登録など多少面倒な点はありますが
そこさえクリアしてしまえば、あとは細かい変更も可能だし、継続できますので快適です。



富士山の麓からの採水している水などは
濾過などがしっかりされていて、放射性物質やPM2、5などの心配が無いみたいです

さらに三種類からお水を選べたり、2リットルで100円以下です。さらに最近は水の成分もしっかり明記されていて
金額、健康どれをとっても非常にお得です。

インテリアにもなりますし、なによりお湯がでるのもありがたいです。

そしてそれが災害時に役にたつのですがウォーターサーバーを考えた人は本当に素晴らしい人ですね。


2リットル 98円で楽しめるウォーターサーバー 『富士おいしい水』








防災には様々な防災方法がありますが


段々と足元を固める事によって、より盤石な安心生活に繋がります


人は、人生を楽しむ為に生まれてきました


日々、怯えて過ごすのではなく

自然災害については、しっかりと準備をして

自分。そして大切な存在を守る為に着々と備える必要があります。

その結果として

日々の生活に安定感がうまれ、実際に災害に遭遇した時
快適に過ごす事ができるのです。


精神的にも安定を求めたいので、細やかな備蓄をオススメしています。


楽しく!安全に!人生を楽しみましょう!

スポンサーリンク






posted by 防災対策 at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。